エスパスホームデコアのスタッフが新商品の情報や配達の様子などを更新していきます。

New Item

13th
ethetr
img_5383.jpg
img_5311.jpg
img_5233.jpg

ソファの張替え(津市S様)

こんにちは!エスパス社長の吹戸です。

最近ダイニング椅子やソファの張替えをやっています。

けっこう皆さんに好評で津市、鈴鹿市の他、

北は菰野町から南は志摩市からも椅子を持ってお客様がご来店されます。

さて、先日のソファの張替えはとても印象深かったのでご報告です。

sofa1

津市S様からのご依頼でした。

長年使われていた本革張りのソファの傷んでいた座面と肘のみを張り替えました。

リクライニング機能が付いていて中が複雑で苦戦しましたがとても思い出のリペアになりました。

 

完成して配達の日エスパスの配達スタッフNくんと納品・設置しました。

その配達中に聞いた奥様からの一言にぐっと来ました。

「このソファは20年前に結婚記念で亡くなった父からもらったものです。

傷んできたのでどうしようかと思っていましたが、張り替えて使えるようになってよかったです。」

この言葉を聞いて依頼を頂き、張替えができて本当によかったと心が動きました。

感動です。

sofa3

お客様からはいろいろな場面で学ぶことが多いですが、あの日は大きかったです。

今日もリビングで使われているのでしょう。

笑顔も頂きました。

S様ありがとうございました!

 


2018年明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

2018年がスタートしました。

画像は元旦の朝の津店です。

今年津市は晴れた良い日で穏やかな一年のスタートになりました。

良い商品を集めて、今年も皆さまにご愛顧いただけるようにしたい。

朝の陽ざしに照らされた店舗を見ながら思いも新たにしました。

IMG_1746

さて、本日1月2日から初売りです。

初売り恒例の福袋ですが、今年は早朝からお並びいただいたのに一部が即完売になってしまい、数が少なく申し訳ありませんでした。来年の福袋は数を倍増して、より皆さまにお楽しみ頂けるようにしてまいります。

IMG_1762

今年もエスパスホームデコアは良いインテリア、家具、雑貨を揃えて、笑顔と気持ちのいい接客で鈴鹿店、津店から皆さまにお届けしたいと思います。

昨年始めたご好評頂いている椅子、ソファのリペア、地元とコラボのオリジナル一枚板テーブル、23Rブランド伊勢木綿のZABスツールなど新たな取り組みもどんどん進めてまいります。

新しい2018年バージョンのエスパスをどうぞご期待ください!

皆さまにとってエスパスが「あってよかったよ」と思ってもらえる店になるようスタッフ一同力をあわせて参ります。

本年もエスパスホームデコアをどうぞよろしくお願いいたします。

 

株式会社エスパス

代表取締役

吹戸研一


2017年ありがとうございました!

こんにちは!エスパス社長の吹戸です。

2017年終わりが近づいてきました。

皆さんはどんな一年でしたか。

私にとってはどんな年だったか。

椅子に始まり、椅子に終わったといった感じですね。

いつものことにプラスして椅子の修理、椅子づくりを深く考えて過ごした一年でした。

三重の伝統工芸品伊勢木綿でスツールをつくると決めて、張り込んで、作って、東京の展示会に出展して、そして自分の店で販売して。

京都で教えてもらったことを実践に移した一年でした。

最近はお客様の椅子修理も忙しくなり、毎日どんどんリペアをやってます。

IMG_1728

昨日は今年最後のうれしい配達がありました。

今年もう一つ取り組んだ一枚板のダイニングテーブルの納品日。

お客様は一枚板伊勢木綿のスツールと一緒に使いたいとのことで全部で7台。

ありがとうございます!

真ん中のピンクの縞模様は小学生の女の子が選んだ柄。

自分でつくって自分で納品。つくり手の気持ちもわかるようになってきました。

タモの無垢材の一枚板と伊勢木綿の柄がとてもいい感じでコーディネートされて良い感じ。お客様も「めっちゃ良い!!」と大満足。一緒に行ってくれた一枚板のNさんも「タモと合ってますねーー」と笑顔。

みんながハッピーになってくれてとても印象に残る一年最後の配達になりました。

IMG_1741

皆さま、一年間ありがとうございました。

いろいろありますが、まわりにいてくれる皆さま、スタッフ、仲間、そして家族に心より感謝する日ですね。

来年もどうぞよろしくお願いします。

そして皆さまにとって良い一念になりますように。

 


ポートランド視察ブログ4「超イケてる店・照明・雑貨編」

ポートランド視察ツアー2017レポート4

グッとくる店というのは誰にでもあると思います。その雰囲気、商品、香り、空間、スタッフ、照明などなど。

初めて来たときに「グッ!!!」ときた店がこのスクールハウス・エレクトリックでした。2016年のツアー、この店では照明からダイニングテーブル、ソファまで見せ方が洗練されていて衝撃で写真をとりまくったことを思い出しました。

IMG_0624

照明メーカーなのにファブリック雑貨がおしゃれ!それも自社製造さらにこの建物の中でつくっている。なんというこだわりのオリジナリティか。と思いました。

IMG_1340

10月9日

Schoolhouse electric & supply

今回も説明してくれたスタッフからの言葉でNet new(ネットニュー)という独自の考え方に感銘を受けました。

説明してくれた人は後でスタッフと知りましたが、しばらくオーナーだと思っていました。話し方と雰囲気が違う。いちスタッフとして外国人に対してあれだけ語れるとはさすが!

自社で開発した照明のシェード、ブラケット、ファブリック商品は「真に新しい」というコンセプトで開発されていて他社のマネではないとのこと。

IMG_1339

Keep Portland Weirdのフレーズがぴったりの企業。シェードの形おこし、モールデング、研磨から縫製まで違う分野のものづくりをショップまで含めた一つの建物内で完結させるのはやはり凄いですね。ポートランドらしさを形にしたような企業です。

これはマネできないと感服したのでした。

IMG_0618

本当にこの店のファンになりたい。この店の照明が欲しい。掛け時計が欲しい。コアなファンはセレクトする力とともに自らものづくりしているかどうかが重要なポイントになるはず。

ネット販売が売上の70%というのも納得しますが、ここまで来ると立地は関係なくどこに建っててもお客さんは来ます。こういう店にはショッピングセンターなんかは必要ないのがわかりますね。

「自店集客」は前回のポートランド視察ツアーの結論でした。スクールハウスエレクトリック&サプライ、この店の中身を知れば納得ですね。

次回は私が影響をモロに受けた経営者が運営する家具店「The Good Mod (ザ グッド モッド)」についてお話しします。


こんな人が国際人

エスパス社長の吹戸です。

先日ドイツ人の青年をホームステイで受け入れました。彼がいることでとても気持ちの良い時間が過ごせました。こんなこともあるんだな、ということでその時の話です。

91FFDC4B-3ED0-4E94-9A80-B03C83CC181C

日独スポーツ少年団交流事業を我が家でも協力するととなり、3泊4日でモーリス君がやって来ました。彼の本業はエンジニアですが、休みの日には体操の指導者になるスポーツ少年団のコーチなんです。

彼はざっとこんな人です。

EA44473D-CD97-46D2-AE48-CA4CBEAAEC3B

礼儀正しく笑顔でフレンドリー。一緒にテーブルを囲むとなんでも食べる。異国の文化にとても勉強熱心で好奇心旺盛。そして自分の国のことをしっかり話しができる。彼の様な人が真の国際人なんだなと思いました。

F68E5849-EA31-455E-A29F-3529AD10924D

初めて会った時、我が家の玄関でした。日本語で、「こんにちは!モーリスです!よろしくお願いします!」それも大きな声と笑顔で。日本語会話はできないけど、自信をもってしっかり話す異国のセンテンス。いいですね。その瞬間ナイスガイやー!と安心しました。

一緒に過ごすときはお互いブロークンな英語ですが、十分会話になります。我が家のゴハンもなんでも食べてくれて嬉しかった。食べるという行為は大事なんですよね。異文化を受け入れてくれてる!とホストはホッとするのです。特につくるお母さんは。そういうテーブルは話しも弾んで楽しいですよね。彼は白いご飯はもちろん、刺身も味噌汁などなど。嫌いなものなかったですね。

剣道体験では真剣にコーチの話しを聞いて全力で「めーん!!!」ウチの次男が相手でした。彼にとっても次男にとっても思い出の相手になったと思います。 

D64E8169-0D59-4FDC-8882-F4703540F4C8

朝は小学校まで長女と登校。スポーツ少年団では小学生を相手にしているので異国の小学生の様子見たかったのでは。でも「一緒に登校して良い?」とはなかなか言えませんよ。すごく好奇心旺盛、そして異国の様子を学びたいと思う心なんでしょう。

そして自国のこと、身近なことをしっかり英語で話せる。そこも凄いと思いました。長男が大学受験でその話題からドイツの大学入試制度を、そして神社の話しからキリスト教、教会など宗教のことも説明してくれました。他の国のことを学ぶ時、自国のことをしっかり相手に伝える力は知ること以上に大事ですね。ここは日本人結構苦手。時として宗教を語ることをタブー視する向きもありますが他国ではNG。ちゃんと学ばないといけないところです。

58877E09-2816-4794-BBEE-58196683E079

英語が話せるだけではダメ。モーリス君の様なマインドを育てることこそ大切と教えられました。「国」を好きになることはその国の「人」を好きになることなんですよね。

別れの時はグッときましたね。また彼とドイツで会いたい。MO, Danke!


ページトップへ